【歴史クイズ(戦国編)】1591年の今日、9月22日に亡くなった、豊臣秀吉の嫡男の名は? 

【歴史クイズ】


前回の答え: 朝倉 義景(あさくら よしかげ)


朝倉義景は、天文2年(1533年)に、越前国の戦国大名で朝倉氏の第10代当主である朝倉孝景の長男として生まれ、幼名は長夜叉と称します。

天文17年(1548年)3月、父の孝景が死去したため、16歳で家督を相続して第11代当主となり、延景と名乗りますが、天文21年(1552年)6月、室町幕府の第13代将軍である足利義輝(当時は義藤)より「義」の字を与えられ、義景と改名します。

永禄8年(1565年)5月19日、将軍・足利義輝が三好義継らによって暗殺された為、義秋を一乗谷の安養寺に迎える。

永禄11年(1568年)4月には義秋が義昭と改め、朝倉館で元服した後義昭は、朝倉館を訪問して義景に限らず朝倉一門衆とも関係を深めて上洛戦を求めますが、義景の嫡男である阿君丸の急死等で動かないと判断した為、勢いに乗る織田信長を頼って越前から去ります。

永禄11年(1568年)8月、若狭守護・武田氏の内紛に乗じて介入し、当主である武田元明を保護という名目で小浜から連れ去り越前一乗谷に軟禁し、若狭も支配下に置きますが、義景は、次第に政務を一族の朝倉景鏡や朝倉景健らに任せて、自らは遊興に耽るようになったと言われています。

永禄11年(1568年)9月、織田信長は足利義昭を奉じて上洛し、義昭を将軍とし、さらに義景に対して義昭の命令として2度にわたって上洛を命じるが、義景は拒否します。

これは朝倉家が織田家に従うことを嫌ったためと、上洛することで朝倉軍が長期間に渡って本国である越前を留守にする不安から拒否したとされ、また信長も越前は織田領である美濃と京都間に突き出された槍という位置から義景を服属させる必要があったためと言われています。

このため永禄13年(1570年)4月20日、義景に叛意ありとして越前出兵の口実を与えることになり、義景は織田信長・徳川家康の連合軍に攻められることになり、連合軍の攻勢の前に旧若狭武田家臣の粟屋氏・熊谷氏らは信長に降伏し、支城である天筒山城と金ヶ崎城が織田軍の攻勢の前に落城します。

義景は後詰のために浅水(現在の福井市)まで出兵したが、居城の一乗谷で騒動が起こったとして引き返しますが、浅井長政が信長を裏切って織田軍の背後を襲ったため、信長は京都に撤退します。

このとき、朝倉軍は織田軍を追撃しますが、織田軍の殿を率いた木下秀吉に迎撃され、信長をはじめとする有力武将を取り逃がします。

元亀元年(1570年)6月28日、織田・徳川連合軍と朝倉・浅井連合軍は姉川で激突します(姉川の戦い)。

しかし、朝倉軍の総大将は義景ではなく、一族の朝倉景健であり、兵力も8,000人(一説に1万5,000人)で、朝倉軍は徳川軍と対戦しますが、榊原康政に側面を突かれて敗北し、姉川の戦いは敗戦に終わり、浅井・朝倉軍は1100余の損害を出したとされます。

8月25日、信長が三好三人衆・石山本願寺討伐のために摂津国に出兵(野田城・福島城の戦い)している隙をついて、義景は自ら出陣し、浅井軍と共同して9月20日に織田領の近江坂本に侵攻し、信長の弟である織田信治と信長の重臣である森可成を敗死に追い込み、大津で焼き働きし、9月21日には醍醐・山科に進駐し、織田軍と小競り合いは起こりますが、11月28日、足利義昭・二条晴良らが坂本に下向して和睦の調停を行ない、信長と義景は勅命講和することになります。

天正元年(1573年)8月8日、後顧の憂いであった武田信玄が急死すると信長は、3万の軍を率いて近江に侵攻します。

これに対して義景も軍を率いて出陣しようとしますが、数々の失態を犯し重ねてきた義景はすでに家臣の信頼を失いつつあり、「疲労で出陣できない」として朝倉家の重臣である朝倉景鏡、魚住景固らが義景の出陣命令を拒否した為、義景は山崎吉家、河井宗清らを招集し、2万の軍勢を率いて出陣します。

8月13日には丁野山砦が陥落し、義景は長政と連携を取り合うことが不可能になった為、義景は越前への撤兵を決断しますが、信長は義景の撤退を予測していたため、朝倉軍は信長自らが率いる織田軍の追撃を受けることになり、この田部山の戦いで朝倉軍は敗退し、柳瀬に逃走しますが、信長の追撃は厳しく、朝倉軍は撤退途中の刀根坂において織田軍に追いつかれ、壊滅的な被害を受けてしまい、義景自身は疋壇城に逃げ込みますが、この戦いで斎藤龍興、山崎吉家、山崎吉延らの武将が戦死します。

義景は、疋壇城から逃走して一乗谷を目指し帰還しますが、朝倉軍の壊滅を知って、一乗谷の留守を守っていた将兵の大半は逃走してしまい、義景が出陣命令を出しても、朝倉景鏡以外は出陣さえ来ず、義景は景鏡の勧めに従って一乗谷を放棄し、東雲寺に逃れた後、賢松寺に逃れます。

8月18日に信長率いる織田軍は柴田勝家を先鋒として一乗谷に攻め込み、居館や神社仏閣などを放火します。

従兄弟の朝倉景鏡の勧めで賢松寺に逃れていた義景でしたが、8月20日早朝、その景鏡が織田信長と通じて裏切り、賢松寺を200騎で襲撃された為、義景は自刃を遂げます。

享年41歳でした。





今日の問題: 1591年の今日、9月22日に亡くなった、豊臣秀吉の嫡男の名は? ↓

 ↓

 ↓

答えは次回(^-^;



追伸:
歴史が大好きな私は、無料のメルマガ、「歴史新聞!戦国武将、幕末志士の死に際」を掲載しました。


今なら、サンプルページが見れますよ!


▼無料メルマガ登録は、下記をクリックしてください
歴史新聞!戦国武将、幕末志士の死に際




#歴史クイズ
#今日は何があった日
#安土桃山時代
#戦国武将
#織田信長
#下剋上
#朝倉義景